home > News

カナダにいます (07/28)

サポートライダーのダイキです。現在ウィスラーに滞在中です。自分の運営するMTBキャンプが無事に終了し、ようやく休養が取れました。と言っても半日は乗っていたんですけどね。先日開催されたクランクワークスの目玉競技であるスロープスタイルのレポートが出来たのでここにも載せておきますね。

今から9年前、世界で初めて開催されたスロープスタイルがウィスラーで開催され、その時のイベント名が「JOYRIDE」と言う名前でした。加納慎一郎と一緒に300万画素のデジカメ片手に興奮して観ていたのを思い出します。そして今年もここウィスラーのCRANKWORXでスロープスタイルが開催され、その名は「RED BULL JOYRIDE」。その時と同じ名前。スロープスタイルも時代を1周したのかなと言う感じでトリックやコースも変化し観客数は何倍にも増加。シーンの歴史を肌で感じれるのはとても幸せな事。

今年のコースは「Monster Energy」から「Red Bull」にスポンサーが変わりコースも一新。ダートジャンプ系、ノースショアー系、ビッグマウンテン系と様々なスタイルのライダーが自分の持ち味を発揮出来る様なコースが完成する予定でした。フリーライドの各ジャンルのライダー達がミーティングを重ね最高のコースが出来るはずでしたが。。。蓋を開けてみればダートジャンプ系ラインが一本だけ。各ライダーのブログやFBではかなり不評の様でした。

コースを見れば一目瞭然。小さめのジャンプにドロップオフとクオーター。ダートジャンプトリック系のライダーが断然有利のコース。事前の情報ではみんなハードテールで出るのではないかと言う噂も。

そして競技当日。確かにセクションは小さめでラインは一本しかないが、各ライダーのパフォーマンスは言葉で言えば、マジでハンパない。若者言葉で言えばマジパネー。この約10年間のトリックのレベルの進化は相当なものだとつくづく思いました。ラコンデギーのダブルバックフリップ、モンゴメリーのスーパーマンフリップ、転倒がなかったら誰が勝ってもおかしくない程。ビックマウンテン系のベアークロー、カート・ソーギー、ガルビッチのゴーイングビッグなスタイルもセクションは小さかったもののスタイルが出てたし、かなりクールでした。

でもやはりトップ3のトリックは別格でしたね。2位のジンクは勢いと上手さが際立っていました。バックフリップ、フロントフリップ共に安定していて、ヒップでの450は相当ヤバかったです。優勝したウィスラーロコのセメナックはファーストランのフリップウィップで転倒した時は誰もがダメかと思いましたが、セカンドランではパーフェクトな文句無しのランを披露。360エックスアップドロップから360バースピン、フラットスピン、バックフリップウィップとすべてのセクションで抜群の安定感。この競技を良く知らない人が見たら、あまりにもスムース過ぎて簡単に出来てしまうんじゃないかと思ってしまうくらい。去年優勝候補と言われ、まさかの転倒を喫し、その後のシーズンを棒に振ってしまった去年の悪夢を全て拭い去るような完璧なランでした。

今大会のダークホース的存在だったのが3位のアンソニー。なんと予選1位で上がって来て決勝いきなりの3位!!若干15才のガキンチョながら超安定したテールウィップを武器にイケイケの走りで会場を沸かせました。Morpheus というアメリカのバイクに乗っているのですが、現在FMBランキング8位でMorpheus のファクトリーライダーであるMitch Chubeyより目立っちゃってます。セカンドランで意表を付いたフロントフリップドロップはまさに衝撃的。あのタイミングで技を変えてくるとは誰が予想したでしょう。しかもリップの無いフロントフリップは難易度かなり高し。転倒してしまったヒップでのハイエアーも誰よりも高く飛んでいました。彼は今シーズンいきなり頭角を現し始めていて個人的にも大注目していたライダーでした。

こんな感じで今年のスロープスタイルが終わりましたが、コースの評判はどうであれ盛り上がった事には間違いなく今後もMTBのグラビティー系種目の1つとして間違いなく発展していくことでしょう。セクションを小さくしてトリック重視にする事で、ショー的要素が強くなり今後も今の流れが主流になる事は自然な流れかもしれません。CSCで開催出来たらな~。

さて明日から休む暇なくカムループスへ行って来ます。

Last day (07/05)

今日は帰国日。さすがに今日は乗りには行けない(笑) フライトまで少し時間があったのでCOVE BIKEへ。 するとラッキーな事にエリックが帰ってきてました。 無理いって箱に入っていた彼のShockerを組み立ててもらい写真を撮ってきました。今日は写真多めでいきます! まずはエリックと彼のShocker↓
2011CANADA 245s
そして各部↓
2011CANADA 246s
2011CANADA 247s
2011CANADA 248s
彼のShockerもちろんスペシャルカラー。最初にアノダイズドを吹きつけ、その後イエロー、グリーン、クリアーの順に塗装していったそうです。 角度によってグリーンの色合いが変わってとっても面白い色でした。
その後、バックヤードのスチュアートに挨拶をしにいくと、「新型Sanchezの限定カラーが入荷したから見ていくか?」と声をかけられたので、せっかくなので写真を撮らせてもらいました。まずはパチェリーレッド。写真だとパープルに見えますがもう少し赤みがかっています↓
2011CANADA 244s
そして、グレーメタリック↓
2011CANADA 242s
そして最後がライムグリーン。ゴミ箱の上で撮ったもんで、下にビニール袋写ってますが、気にしないでくださいね(笑)
2011CANADA 239s
この3色、今なら若干の在庫があるそうです。ご興味のある方はオーダーお待ちしています。

そして、ここ数年私が使用しているバイクバックをご紹介.EVOC社のBike Travel Bagです。これがかなり調子がいい。私のSTDがすっぽり納まります。もちろん前後のホイールとハンドルの取り外しは必要ですが、これかなりのすぐれものです。以前は完成車が入っているダンボール箱を使っていたんですが、やはりバイクにダメージがありやめました。このバッグは各部に厚めのパッドが入っておりしっかりバイクをプロテクトしてくれます。外見はこんな感じ↓
2011CANADA 235s
中はこんな感じ↓
2011CANADA 236s

さて、2週間あっという間にすぎました。これで私のカナダ滞在報告を終わりにしたいとおもいます。今回はGo-Proなどで、動画を撮りまくったので、調子に乗ってアップしてしまいました。お付き合いしていただいた皆様に感謝です。
また来年もいければいいな~

Day13(Fromme) (07/04)

今日はライド最終日。 今朝起きると昨日やった手首がやたらと痛い・・・ しかし、今日はチャズが一緒走ってくれるし。 走れるのも今日が最後だし。 結局、サポーターを購入し走りに行く事に。 メンバーはチャズ、スティーブ、私の3人↓
2011CANADA 208s
最後の山はフロム。 ライド最終日も晴れダウンタウンがキレイに見えます↓
2011CANADA 207s
走ったトレイルはボブスレー。しかし、チャズとスティーブ速い。登りも普通に漕ぎ上げです。私は漕ぎ上げ苦手なので押し上げ・・・ そしてかあり遅れてトレイル入り口に到着。 2人はだいぶ待ったみたい↓
2011CANADA 209s

そしてカナダ最後の動画はチャズの走り↓

チャズ確か今年で52歳。 しかもSTIFFEEです。 さすが、COVE BIKEの社長! こんな風に歳をとっても走っていたいですね。
今日でライド終了。結局1日も休まず13日連続ライドでした。 明日は帰国日、本当はもっとここに居たいけど、そろそろ現実に戻らないと・・・

Day12(Fromme) (07/03)

今日もジョシュと一緒にフロムへ。昨晩すっごい雨だったのでウェット路面覚悟で行きましたが、意外と乾いていてびっくり。 まぁ、ドライコンディションに越したことないんですけどね。 今日は「昨日と同じじゃつまらん!」というジョシュの意見を取り入れて”レディースオンリー”の隣にある”パイプライン”からスタート。 ここは名前のとおりスタートすぐに長いラダーブリッジがあります。このラダーブリッジかなり楽しい! カーブありスキニーありシーソありでご機嫌です♪ その動画はこちら↓

そして、”パイプライン”で一番面白かったのがこれ↓

正面からだとこんな感じ↓

けっこう大きいシーソーでしたが、高さ、長さ共に完璧でした♪ 
後は昨日と一緒で”ボブスレー”ナチュラルハイ”で終了でしたが、やってしまいました。 ”ナtyラルハイ”のスキニーライド失敗してこけました。こけたひょうしに手首をひねったみたい。 かなり痛いです。 明日はライド最終日。乗れるといいんだけど・・・

Day11(Fromme) (07/02)

やっと晴れた!!! 今日は1人でフロムへ。のはずが、前日に友人のジェニーから連絡があり、彼女のボーイフレンドのジョシュが一緒に走りたいといってるから、一緒に走ってやって。と、言われ彼と一緒に走ることに。初めて会っていきなり一緒にライディング。でもそこは同じバイク好き同士初めの5分ですぐライディングの話で盛り上がりましたよ。 コースは先日と同じで、”レディースオンリー”→”ブブスレー”→”ナチュラルハイ”の3トレイル。 今回は前回とまったく同じなので動画ありません。写真もこれ1枚だけ。トレイルの途中で一休みのジョシュ↓
P1010010s
彼の住んでいるのは、バンクーバーから車で東へ10時間行った所にあるネルソンという街だそうです。ネルソンにもトレイルがたくさんあって、バンクーバーでいうサイプレスみたいなトレイルが多いみたい。 急斜面でロックフェイスがいっぱいあり、ドロップもそこそこ大きくて、ジャンプも大きめだそうです。 いつか行ってみたいな。 明日もジョシュと一緒にフロムへ行くことに。 明日も晴れるといいんだけど。

Day10(Whistler) (07/01)

今日はアダムといっしょにウィスラーへ。今年2回目のウィスラー、前回よりはましな走りができるはず!
2011.07.01 Whistler 027s

そして、今日はCANADA DAYどこ見てもカナダの国旗だらけです。 ウィスラーのレストランの入り口もこんな風に飾られてました↓
2011.07.01 Whistler 025s

さて、走りますか。しかし! 今日も雨・・・ 昨日の天気予報じゃウィスラーは晴れるっていってたのに~!!!  ウェット路面のウィスラーめっちゃ怖いです。ウィスラーの主なコースはハイスピードで走ってジャンプ、ドロップ、スッテプアップな感じなんで滑ると怖いんです。 そして、ガルバンゾーエリアもオープンしてました。先週はまだオープンしてなかったんですけどね。 アダムに頼んでガルバンゾーに行ってきましたが、見渡す限り雪でした・・・ 路面はマッドコンディション・・・  
リフトに乗りながらこんな会話をしてました。
Adam「見てみろ雪しか見えないじゃないか!」
Taka「そうだね・・・ 雪だらけだね。」
A「だから行くのヤダって言ったのに」
T「そんなこと言うなよ~ 日本にガルバンゾーの動画紹介したいじゃん。 同じCOVEどうしチームワークだろ?」
A「・・・」
そしてリフトを降りるとアダムがおもむろに雪玉を作って投げつけてから一言「お前なんてきらいだ。」 そう言い残して走り去っていきました。Go-Proとともに・・・  帰ってきてから2人で動画チェックしましたが、土の粒がレンズに張り付いて動画まともに見られませんでした。残念。 無理いって走ってもらったのにごめんねアダム。  その後、またアダムにねだって「オレ少しはましに走れるようになったと思わない? 動画撮ってよ。」 で撮ってもらった動画がこちら。A-Lineの終わりの所からGLCドロップまでを撮ってもらいました↓

・・・ あまり前と変わってない。 人間短期間じゃそう変わらないって事ですかね。少しはましになってると思ったんだけどな~   
帰り道での1枚。ノースバンクーバーとウィスラーの中間にあるスコーミッシュの町から見える魔女岩。私のお気に入りです↓
2011.07.01 Whistler 029s
今日でアダムと一緒に走れるのは最後。明日から2日間はソロライドの予定。フロムにでも行って自主練してこようかな。