home > News

Overhaul Part2 (04/18)

今日は先日の続きですが、最初にお断りを。 今回の作業はあくまで素人の私が自分の所有しているバイクを用いて自己責任で行ったものです。
※ベアリングの交換作業はバイクショップ様などへの依頼をお勧めします。

今回はフレームのベアリングの交換をやってみました。まずはリンクプレートから。古いベアリングを外します。 ↓

s-0417 006
こんな感じバラバラです。そして、新しいベアリングを用意します。COVEのフルサスバイクのベアリングはすべて日本製を使用していますが、今回は同じ日本製でもこちらのNTNのベアリングを使用します。 ↓
s-0417 007
こんな感じで圧入していきます。 ↓
s-0417 012
アッパー、ロアーリンクとも圧入完了です↓
s-0417 009
s-0417 011
圧入の際にベアリングが水平に圧入されるようにするのが難しかったです・・・  フレームも同じように古いベアリングを取り外し、圧入しました。 そして、バラバラになっていたフレームを元の形に戻していきます。 本当にバラバラにしてしまったので元通りに組み立てられるかちょっと不安でした(汗) いい感じにバラバラなSTD ↓
s-0417 015
そして、組み立て開始・・・ なかなか苦戦しました・・・ なんとか形になりました。 ↓
s-0417 016
私のSTD2年間ノーメンテで乗っていたため、ロアーリンクのベアリングは内部が錆びてました・・・
まぁこれでなんとかフレームは形になりました。 後はパーツ類の取り付けですが、今日はここまでです。 写真の背景がごちゃごちゃですみません(笑)

※今回の作業は専用工具などを必要とするため一般の方にはお勧めできません。ベアリングの交換作業などは、お近くのバイクショップ様への依頼を強くお勧めします。

Overhaul part1 (04/16)

今日はオーバーホールのお話。 さて後1週間で富士見パノラマがオープンします。 が、私のSTDいまだにバラバラです・・・ 恐らくオープンには間に合わない(涙)全部自分が悪いんですが。 そんな事を言っていてもバイクが組み上がるわけでもなく、今日から少しずつ組み立て直します。 今日は昨シーズンさんざん酷使したホイールの振れ取りとハブのオーバーホールをいつもお世話になっている風魔 新宿店さんにお願いしてきました。 まずは通称ホイールマスターのNさんに振れ取りから↓

s-0417 003
いつも丁寧に作業していただいてます。 そして、リヤの振れ取りを終えてフロントの振れ取りをしていただいてるとホイールマスターから一言「フロントのスポーク1本折れてますね。」 ↓
s-0417 005
なんとニップルの所からポッキリと折れてました・・・
危なかった~ このままパノラマで走ってたらどうなってたんでしょうか・・・  いや~ メンテナンスって大事ですね!
この後ホイールの修理をお願いして帰ってきました。さて、他の整備もしないと。 今日はSTDのオーバーホールPart1でした。 って事で続きます。 お付き合いくださいm(__)m

Join a FRA (04/12)

土曜は高峰山、そして日曜はFRAのガイドツアーに参加してきました。代表の平井氏とは前日も一緒に走ったのですが、今日は私の後輩、友達、そして妻のガイドをお願いしました。 初級者2人、初心者2人、中級者2人の計6人をお願いしました。

まずは、簡単なMTBのレクチャーからスタートです。 その中にはこんな1本橋なんかも↓

s-0410 012

2度のチャレンジの後ガイドの意地を見せ成功させてました(笑)

そして集合写真↓

s-0410 013

そしてこの日もCOVE BIKEが3台とのりのりの平井代表↓

s-0410 016

この日はHAND JOB,STIFFEE、HUSTLERの3台でした。そして、ライドスタート! 山の中にはこんな感じ。

s-0410 018

s-0410 023

基本下りですが、上り返しもあり、バンクのついた気持ちのいいコーナーもありの楽しいトレイルでした♪

途中、平井代表の厚意で昼食をご馳走になりました↓

s-0410 020

山の中での鍋焼きうどん! 美味でした♪ 写真はありませんがこの後最後の大休憩の時にはコーヒーまで出てきました。 興味のある方は是非FRAまでお問い合わせください。

ライド三昧の楽しい週末でした♪ 毎週こんなだといいんですが・・・ さあ今週もがんばろ~ っと。

Rideing Mt.Takamine (04/12)

先週の土曜は高峰山MTBワールドにお邪魔してきました。

バイクはこちら↓

s-0410 003

なんと1年以上も乗っていませんでした。来月にはNew G-spotも発売されますが、このG-spotもまだまだ現役でがんばってもらいます(笑)

そして今日はCOVE BIKEが3台でした!

まずはFRAの平井さんのHAND JOB↓

s-0410 005

この日は私に気を遣ったのか、後半ずっとHAND JOBでのライドでした(笑)

そして、高峰山に行く途中のコンビニでばったり会ったトモロさんのG-spot↓

s-0410 007

そして、この後このG-spotこんな事になってました↓

s-0410 008

そしてこの後彼はチェーンを外してのライドという荒業を披露してました。。。

この日は久しぶりに会う仲間とも走れ、わいわいと楽しい1日でした♪

Festival (04/05)

今日はバイクの話でもCOVEの話でもないんですが、どうぞお付き合いください。

昨日こちらのお祭りにお邪魔してきました。

s-Fesival 005

長野の御柱祭りです。 上の写真は木落としと言って、御柱を斜面より滑りおろす行事です。 今回は友人の厚意により一般の人が立ち入れない絶好の場所で見ることが出来ました。 こんな格好での観賞です。

s-Fesival 012

氏子さんにのみ配られる法被を着てかぶりつきの場所での観賞。

御柱が斜面を下りるまでには色々な事が行われました。その一部がこちら。

s-Fesival 021

まるで、出初式の様な光景でしたが、山の上でさらにはしごの上、相当な高さだと思います。

そして、いよいよ木落としのクライマックス!

s-Fesival 036

s-Fesival 039

s-Fesival 041

いや~ すごい迫力でした! この後はおよそ1km離れた川で、川越しを行うために御柱を人力で引いていきます。 こんな感じで。

s-Fesival 047

そして、いよいよ川越し。

s-Fesival 071

昨日は晴れていましたが、それでも私達は法被の下にダウンジャケットを着ていたほどの気温! すごい気合です。 上の写真のように斜面から勢いよく川に突っ込み、これまた人力のみで対岸まで引き上げます。

このように。

s-Fesival 078

すごい祭りですね! 楽しませていただきました。それにしてもものすごい人でした、どこを見ても人人って感じで。私たちの隣にいらした親切な地元の方が言っていました「ここにこんなに人が来るのは御柱の年だけだな。」 て。確かに東京の新宿、渋谷に負けないくらいの人ごみでしたよ。

実はこの御柱祭り、私のボスのPaulも参加してました。ですが、あまりの人の多さに会うことが出来ませんでした・・・

そして、御柱祭りの後はせっかく諏訪まで来たのだからと、富士見パノラマスキー場 に寄って2010年度のMTBシーズン券を購入してきました。今年のダウンヒルシーズンもいよいよ始まりますね!楽しみです。

最後にこの場をお借りして、茅野のGさん本当にありがとうございました。おかげで大変楽しい時間を過ごす事ができました。

サイクリングジャム (04/03)

サポートライダーのダイキです。先日サイクルスポーツセンターにてサイクリングジャムが開催されました。僕は昨年に引き続き、マウンテンバイクゾーンでのジャンプショーのプロデュースをさせていただきました。毎年この時期は風が強いので今回も風に悩まされましたがなんとか無事終了。強い風の中でも安定した技が出せないといかんな~と考えさせられました。修行あるのみです。SANCHEZがかなり調子良いです。クロモリなのでしなやかでジャンプのランディング時に体にやさしいですね。スタンドオーバーハイトが低いので技もやりやすく、小柄な人にもオススメです。

CSC 423

2010年より、サイクルスポーツセンターでのイベントやクリニックそして自分で企画しているJOYRIDEウィスラーツアーを中心にMTB普及及びカナダスタイルのフリーライドを広めるべく活動を行って行く予定です。その中でCOVE BIKEの良さを皆様に伝えていけたらと思います。

Rick’s Hustler. (04/02)

今日はこちら!

s-hustler 2 004

s-hustler 2 006

s-hustler 2 010

s-hustler 2 005

RickのHustlerです。 超高級バイクに仕上がっています。

スペックはこちら。

FORK:MARUZOCHI 44RC3
HANDLEBAR:EASTON
STEM:RACE FACE Atlas FR
HEAD PARTS:CHRIS KING
BRAKE:SHIMANO XTR
SHIFTER:SHIMANO XTR
CRANK:SHIMANO XTR
PEDALS:Crupi
REAR DELAILER:SHIMANO XTR
WHEELS: Mavic Crossmax SLR
TIRES:IRC SERAC XC TUBELESS 2.1
SADDLE:Selle Italia
SEATPOST: RACE FACE Deus XC

このバイクどれだけお金かかってるんえですかね~ 彼のこだわりは
Crupiのラウンドケージのペダルだそうです。 元BMXライダー
の彼ならではのこだわりです。
先日、ちょっとだけ乗らしてもらったんですが、持って軽い事はもちろ
ん乗り味もかなり軽いです。以前、カナダで借りたAdamのHust
lerともPaulのHustlerとも違った乗り味でした。 
どんなバイクでもパーツのチョイスによって個性がでるものですが、
Hustlerはノースの山を下るライトフリーライドからXCまでい
けるめずらしいバイクなのかもしれないですね。
今日はRickのHustlerの紹介でした。