News

三木 洋介のカナダ・レポート2 (10/07/09)


9764d014x
COVE BIKEサポートライダーの三木洋介です。
前回に続き、お初カナダをレポートします。

DSC02731x
晩御飯は近くのスポーツバーで、黒ビールを飲みながら、今日カナダ入りした僕たちを向かい入れてくれて、ほんとうにありがとうございました。
左からCOVE BIKE JPのポールさん、僕、COVE BIKE社長チャズさん、チャズさんの友達です。滝田さんに撮影していただいたので、すみません全員が映っていません。
夜はポールさん宅にホームステイさせていただき、ありがとうございました。

DSC02747X
道路標識 COVE BIKE発生の地
各家庭に木を植えることがカナダの条例になっているそうで、近くにはとても大きな公園など、緑のなかに住宅がある

DSC02752x
庭の木の上に鳥の巣箱が掛けてあり、エサがこぼれ落ちる場所をリスさんが知っていて、ごく普通に自然と共存していて時間がゆっくりと流れているのを感じました。

DSC02860x
もともとはCOVE地元の自転車屋さんからスタートし、他ブランドの自転車を取り扱いしていましたが、広大なノースシュアの岩肌が多く、半端ないジャンプに耐えられるバイクなど当時は無論存在しなかったわけです。手先が器用で、何でも自分たちで作ってしまう能力を持ち合わせた彼らは、山を駆け降りる能力に優れた性能を持つバイクを作り続けMTB:マウンテンバイクというジャンルのバイクスタイルを築きあげていくことになり、COVE BIKEを立ち上げて世界に大きな影響を与えながら、現在に至る。
この看板は発生の地だったお店のものを、今も保存されています。

IMG_0121x
SHOPの中はCOVE BIKEだけじゃなく、他ブランドのMTBも取り揃えて販売されています。そういう意味では今も自転車屋さんを続けていてノースシュア・ウィスラーなどのマウンテンバイカー達がたくさん通うお店です。
地元の選手だけでなく、ワールドカッパー級のライダー達も立ち寄り情報交換されています。

IMG_0122x
さりげなく、遊び心があります。

IMG_0119x
ここからは、一般の方が入ることのできない内部の映像です。(以前にもCOVE BIKE JPでレポートがありました)
オーダーされたG-SPOTを組立中のメカニックさん
きれいに整理・整頓されています。

P6300080x
フレームの在庫方法も立体的なラックを作り、うまく保管されています。グッドアイデイア!
僕たちが行った時は、在庫数が減ってしまい、次のLot生産を待っているところでした。
チャズさん、ポールさん、スタッフさん ありがとうございました。

それではこの続きを、またレポートいたします。